OpenAI は ChatGPT を作成した伝説的な企業です

OpenAI は ChatGPT を作成した伝説的な企業です
写真: xataka.com
共有

進化し続ける人工知能の世界において、倫理的な AI 開発の先駆者として常に目立っている組織が OpenAI です。今日は、同社についてよくある質問に答えることで、その背景を詳しく掘り下げていきます。

2015 年に業界の有力者によって共同設立されたOpenAIは、倫理的な AI 開発の先駆けとなることを目的としていました。

2019 年に営利団体になって以来、OpenAI はマイクロソフトと戦略的提携を結び、研究と支援活動を強化してきました。 OpenAI は非公開の地位を維持することで、公開企業が直面する典型的なプレッシャーを回避し、その使命が妨げられることなく実行できることを保証します。

OpenAI は、独自の運用上の二分法により、その中核となる使命と商業的願望のバランスを完璧にとります。

OpenAI の創設者は誰ですか?

OpenAI の基盤は、シリコンバレーの著名人たちの集まりの上に構築されています。サンフランシスコのテクノロジーハブに本拠を置くこの人工知能研究所は、常に大きな目標を掲げており、人工知能 (AI) に対する情熱を持つ技術的先見の明のあるグループによって率いられています。

  • イーロン・ マスク。 SpaceX や Tesla のベンチャー企業でよく知られていますが、マスク氏の OpenAI への関与は主に財政的なものでした。その後、彼は取締役会を去りましたが、依然として AI の議論において影響力のある人物です。
  • グレッグ ブロックマン。以前は Stripe の CTO を務めていたブロックマンは、現在 OpenAI の会長兼 CTO を務めており、組織が人工知能研究の最前線にあり続けることを技術プロセスで保証しています。
  • イリヤ・サツケヴァー。機械学習(ML)の第一人者である Sutskever 氏のこれまでの歩みには、Google での成功したキャリアが含まれており、現在は OpenAI のチーフ サイエンティストとして活躍しています。
  • ジョン・ シュルマン。 OpenAI が登場する前は、シュルマン氏は主に学者でした。彼は、ChatGPT などの OpenAI の主要プロジェクトのいくつかで重要な役割を果たしてきました。
  • ヴォイチェフ・ ザレンバ。 Zaremba は以前、Google で人工知能の開発に取り組み、その後 OpenAI を共同設立し、特に機械学習の専門知識を活かしました。
  • サム・アルトマン。スタートアップ アクセラレーター Y Combinator の元社長である Altman 氏は、OpenAI の初期段階に参加し、現在 CEO を務めています。

OpenAI はいつ設立されましたか?

OpenAI の革命的な旅は 2015 年 12 月 11 日に始まりました。同社は単なる典型的なスタートアップとしてではなく、テクノロジー大手によるAI独占の可能性への対抗策として設立された。その目標は明確かつ野心的でした。それは、人類に利益をもたらす「汎用人工知能」を開発することです。

現在 OpenAI を所有しているのは誰ですか?

OpenAI の歴史を深く掘り下げると、OpenAI の初期には、イーロン マスクやピーター ティールによる注目に値する貢献を含む、業界の大物からの多大な支援が見られました。彼らの共通の目標は、AI の巨大な可能性が一方の手だけに集中してしまわないようにすることでした。

Ilya Sutskever and Greg Brockman
Ilya Sutskever and Greg Brockman. 写真: wired.com

状況が展開するにつれ、マスク氏の人工知能への野望には影が薄くなり、先見の明のあるマスク氏は、テスラやスペースXなど同氏の多くの事業との潜在的な衝突を回避するために、2018年に取締役から退くという戦略的決断を下すことになった。

OpenAI の野心と財政的ニーズの増大により、2019 年に非営利組織から「利益が限られている」営利組織に変貌しました。

この重要な移行は、Microsoft からの 10 億ドルという巨額の投資によって強化され、OpenAI の画期的なテクノロジをライセンスおよび使用する一定の権利も確保されました。

イーロン・マスク:火星の植民地化を目指す男の伝記
イーロン・マスク:火星の植民地化を目指す男の伝記

現在、所有権のパイはマイクロソフト (49%)、その他の利害関係者 (49%)、そして元の非営利団体である OpenAI Foundation に分割されており、リード企業が OpenAI のストーリーを書き続ける中、OpenAI 財団はその自主性を堅固に維持しています。

OpenAI株式会社は包括的な非営利組織として機能し、商業目標はその商業部門である OpenAI LP によって処理されます。

OpenAI は公開会社ですか?

OpenAI は人工知能の分野で大きな存在感を示していますが、上場企業ではありません。民間組織として、上場企業がしばしば直面する厳しい規制や四半期ごとのプレッシャーの影響を受けません。ただし、OpenAI 株に対する市場の需要は大きいため、将来的にそのような動きが起こる可能性は排除できません。

結論

OpenAI の革新的な限定収益モデルは、焦点を絞った研究と商業的実用主義の興味深い組み合わせを提供します。その歴史は、この構造が設立の原則をそのままにしながら、最先端の研究を促進する安定した資金の流れを提供していることを示しています。

人工知能の分野が急速な進歩を続ける中、OpenAI の柔軟な所有権と運用モデルにより、人工知能の多くの利点を民主化することに尽力しながら、シームレスに適応して方向転換することができます。