いつ、誰がリブランディングする必要があるのでしょうか?

いつ、誰がリブランディングする必要があるのでしょうか?
共有

リブランディングは、消費者の目に新しいポジショニング、ネーミングを作成し、ブランド アイデンティティ (企業スタイル、パッケージ デザイン) を改善するプロセスです。

ブランド変更が必要なのは誰ですか?

ブランド変更のプロセスは非常に時間がかかり、労力がかかるため、慎重に決定する必要があります。おそらく、企業アイデンティティを更新するだけで済み、それ以上は必要ありません。プロジェクトの結果は、お客様がタスクの策定と概要への記入にどのように取り組むかによって決まります。

ブランド変更を検討すべきいくつかの理由:

  • 合併と買収。 2 つの企業が合併すると、それぞれが独自のブランド アイデンティティをもたらします。合併を成功させる鍵は、新しいアイデンティティを見つけ、両当事者の価値観を表現し統合するブランドを作成することです。
  • 新しい市場と場所。たとえば、ビジネスが言語や文化が異なる国際市場に拡大する場合、ブランドのビジュアル スタイルやトーンをローカライズする必要があります。
  • 対象ユーザーの変更。ブランドが古いブランドに共感を覚えなくなった場合、リブランディングは新しい視聴者を惹きつけるのに役立ちます。
  • 時代遅れのブランド。あなたのブランドはもはやあなたが提供しているものを代表していないか、単に時代遅れに感じられます。
  • 概念の変更。おそらく、最初に実店舗をオープンし、その後オンラインに移行したかもしれません。または、あなたのレストランは現在テイクアウトのみを提供しています。このような変更はブランドに対する顧客エクスペリエンスに影響を与えるため、ブランディングに効果的に反映する必要があります。
  • 不適切な初期ブランディング: ビジネスを開始するときにあまり考慮しなかったか、最低価格の代理店を選択した可能性があります。その場合は、リブランディングのすべての段階を必ず見直すことになります。
When and who needs to rebrand?
写真: versacreative.com
上記を要約すると、ブランドを更新して新規顧客を獲得するために企業がリブランディングを行う場合、リブランディングが必要になる場合があります。ただし、リブランディング プロセスを開始する前に、市場分析を実施し、それが本当に必要かどうかを判断する必要があります。

ブランド変更プロセス中に注意すべきこと

1.原因を特定する

自分自身と会社の内部を見つめ、ブランドの問題を特定するために質問する必要があります。あなたの新しいビジョン、使命、価値観がブランドの基盤となります。ブランドの目的は組織全体を統合し、ビジュアル部分はすべてを統合します。

2.ターゲット ユーザーを調査し特定する

リブランドを成功させるには、適切な視聴者をターゲットにするだけでなく、彼らの共感を呼ぶことも必要です。競合他社を研究することも重要です。

ターゲット ユーザーを決定するには、現在の人口統計と引き付けたいユーザーの両方を考慮する必要があります。ターゲット ユーザーのデータに基づいて、さらに深く掘り下げてターゲット ユーザーを見つけることができます。彼らはどのような経験を持っていますか?彼らは何が好きなのでしょうか?

3.何を残し、 何を残すかを決める

リブランディングは、ある意味、ワードローブを見直すことに似ています。すべての資産を処分する前に、まずどれが使用可能かを判断する必要があります。

パーソナルブランディングとビジネスにおけるその役割
パーソナルブランディングとビジネスにおけるその役割

たとえば、ブランド名を変更する予定はありますか?ほとんどの場合、名前は同じままにすることができるため、認識しやすくなります。ただし、2 つの会社が合併して新しいブランドを作成する場合は、名前を変更することをお勧めします。これは、視覚要素 (ロゴ、色、タイポグラフィ、パターン、パッケージ、ウェブサイト、写真、名刺、販促資料など) にも当てはまります。

4.チームと協力する

リブランディング戦略は、まず社内でパートナー、投資家、従業員と話し合う必要があります。アップデートの必要性を必ず理解してください。

5.世界と共有しましょう。

新しいブランドについて話題を作るのは悪いことではありません。ブランドがどのようなものになるのかを視聴者に少しだけ見せることで、より多くの注目を集め、立ち上げをより成功させることができます。

6.レビューを聞く

顧客のニーズがリブランドの原動力となります。したがって、彼らのフィードバックに耳を傾けることは、他のステップと同じくらい重要です。

リブランディングとは、ブランドの中核となる価値観と本質を維持しながら、新しい方向に舵を切ることです。これは視聴者のニーズの高まりに応えるものです。