CEO – 彼の役割は他のマネージャーとどのように異なりますか? 彼はどのような資質を備えている必要がありますか?

5分で読める
CEO – 彼の役割は他のマネージャーとどのように異なりますか? 彼はどのような資質を備えている必要がありますか?
写真: nofluffjobs.com
共有

CEO はグローバルに考え、革新的なアイデアをもたらし、起業家精神を養う能力を持っていなければなりません。トップマネージャーの連鎖の中で CEO を区別するもの (そしてその中核にいる人々が誰なのか) については、この資料に記載されています。

CEO は誰ですか、彼の責任は何ですか、誰に報告しますか

CEO (最高経営責任者) は、社内で発生するすべてのプロセスの責任者です。ほとんどの場合、彼は取締役会のメンバーを務めています。したがって、彼は意思決定のキーマンであり、創設者からの影響/批判のみにさらされます。その立場は、独立性、多大な責任を負う能力、および適切なレベルの合理的かつ創造的思考の発達をアプリオリに意味するからです。

CEO はどのような役割を果たしますか?

CEO の責任には、通常、グローバルなビジネス問題の解決が含まれます。つまり、すべてのビジネス プロセスの監視や主要なポジションの候補者の調整から、すべてのビジネス資産の管理 (少なくとも、財務パフォーマンス)。

企業の内部プロセスに加えて、CEO が社外への表現を確立する時間を見つけることも重要です。これには、潜在的なパートナー/クライアントの特定、専門的な会議やフォーラムへの参加、組織のベスト プラクティス/トレンドの背景 (継続的) モニタリングなどがあります。 。

これを簡単に要約すると、CEO の仕事は、すでに機能しているものを保護し、「不十分」な部分を改善し、同時にこれらすべてを体系的に拡張することです。

個人的なケース: CEO は、あらゆることを完璧に行う、ある種の遍在する専門家であるように思われるかもしれませんが、大企業の枠組みの中ではそれは本質的に不可能です。 「遍在するもの」は必然的に多くのプロセスを委任される多くの「手」を持たなければなりません。 COO、CTO、CFO、CSO、CIO、およびその他の経営幹部レベルのマネージャーは、適切に選択されれば、独立して効率的に業務を遂行できます。

ビジネスにおける無意識: 成功を達成するために潜在意識の秘密をどのように活用するか?
ビジネスにおける無意識: 成功を達成するために潜在意識の秘密をどのように活用するか?
8分で読める
Olga Nikitina-Kuzyakova
Psychoanalytic business psychologist

しかし、それぞれの方向性に真っ向から取り組む必要はないとしても、すべての決定と結果に対する責任は直接 CEO にあるため、すべてがノンストップで管理されるべきです。

取締役については、ビジネスプロセスを包括的に、少し「上から」(「風景」をよりよく把握するために)見る必要があるとよく言われますが、これは「玉座に座る」ということではありません。この役割についての私の理解では、委任して監視する(そして代理とのみコミュニケーションをとる)CEO は、本当に重要なことを見逃して、文字通り会社の運命を危険にさらす可能性が高くなります。

CEO室には「愚痴ソファ」があり、社員一人ひとりが現在の問題を個人的に共有したり、アドバイスを求めたり、検証のための仮説を提案したりすることができます。私の経験から言えば、時間をかけてあらゆるレベルの同僚と「チェックイン」し、彼らに自分と「チェックイン」する機会を与えることが非常に重要です。

CEO と他のトップマネージャーの違い

これが CEO と他の経営幹部レベルのマネージャーの主な違いです。各マネージャーには専用の責任領域があり、CEO はすべて (さらには他の人の責任に対する責任も) について包括的に責任を負います。

CEO
写真: shrm.org

さらに、彼は財務責任者ではなく、ビジネスとそのチームの法的および財務的要素を主に担当しています。そして、業績が悪い場合には、チームは(せいぜい)解任されるか、法律違反として刑事責任を問われる可能性があります。

個人的なケース: これが、私が個人的に経営幹部レベルのマネージャーを選ぶことを好む理由です。さらに、私は何かを学び、自分の能力を伸ばすことができる専門家を選びます。 CEO は全知の天人であると考えられていますが、実際にはすべてにおいて優れた専門家であることはできません。したがって、信頼できる有能な人材を見つけるか、社内で人材を育成することが重要です。私たちのチームは 2 番目の方法を好みます。

CEO にとって「必須」。どのような能力を持っている必要がありますか

ハードスキルについて言えば、適切なチームメンバーを選択して権限を委任する能力、分析的思考、非常に正確に計画を立てて優先順位を設定する能力です。現代の CEO の仕事における重要なスキルは、デジタル感受性とイノベーションです。

ソフトスキルには、パートナーや顧客、そして自社の従業員とのコミュニケーション スキルが含まれます。 CEO の専門能力開発において重要なのは、自分の弱点とすべてを知る能力のなさを受け入れ、最高の人材から学ぶことを恐れず、定期的に自主的に成長する能力であるべきです。また、CEOは自分にできないことを従業員に要求すべきではありません。

ソフト スキルとハード スキルの例 – 自分の能力を効果的に示す方法
ソフト スキルとハード スキルの例 – 自分の能力を効果的に示す方法
5分で読める
Margarita Islamova
Marketing Expert
個人的なケース: たとえば、私はワークライフ バランスを維持するのが難しいと感じていますが、チームには休息、スポーツ、家族とのレジャーの時間を確保するよう常に勧めています。しかし、私はそれに取り組んでいます。要求があれば従いましょう。

同時に、過去 5 年間で CEO に求められるハードスキルとソフトスキルが大きく変わったとは言えません。パンデミック、地政学的な不安、通貨の不安定、その他多くの予期せぬ事態は、あらゆるレベルのリーダーに最も重要なことである柔軟性を教えました。不安定な時代においては、CEO の 40% がチームを維持し維持することを優先戦略目標に設定していますが、これは当然のことです。この統計全体は、成功した CEO の重要なルールを示しています。「状況には課題があります。私たちはそれを受け入れ、新たなインプットを取り入れて取り組み続けます。」 「魔法」はなく、あるのは責任の力だけです。

結論として

CEO の地位は、多くの人が考えているような「賜物」や夢のような仕事ではありません。それには長所と短所があります。 1 つ目は、大規模なプロジェクトを作成し、チームや個々の従業員の専門的な成長を促進し、誇りに思う機会と、新しく成功したプロジェクトを実現する機会です。あなたもこれに参加したことを理解してください。

マイナスのうち(これはむしろプラスでもありますが) – 自分自身に対する絶え間ない努力と、自分自身についての新しい発見、下された決定の性質、自分の仕事の結果の性質。反省せずにはいられませんが、それは他のポジションにいる場合よりも少しだけ起こります。そうでないと、開発のことを忘れて、小さな、しかし繰り返されるミスによってビジネスが崩壊するのを待つことになります。

いずれにせよ、この立場はステータスではなく選択に関するものです。もしその人が意識的にこの選択をし、それを楽しんでいるなら、その人は正しい場所にいます。
Sergei Kovtun
Sergei Kovtun
CEO はグローバルに考え、革新的なアイデアをもたらし、起業家精神を養う能力を持っていなければなりません。トップマネージャーの連鎖の中で CEO を区別するもの (そしてその中核にいる人々が誰なのか) については、この資料に記載されています。
avatar
  コメント通知  
通知
コンテンツ コメント
共有

あなたも好きかも

ブローカー:彼は誰で、何を稼いでいますか?
4分で読める
Editorial board
Editorial staff of Pakhotin.org
昇給を求める方法
5分で読める
Ratmir Belov
Journalist-writer
再就職支援-ソフト解雇システム
5分で読める
Ratmir Belov
Journalist-writer
KPI-主要業績評価指標
6分で読める
Editorial board
Editorial staff of Pakhotin.org