ビジネスエンジェル: 出現の歴史と投資対象

6分で読める
ビジネスエンジェル: 出現の歴史と投資対象
写真: michigandaily.com
共有

ビジネスエンジェル – これは、さまざまな革新的な開発や、有望な将来があると考えられるプロジェクトに自分のお金を投資しようとする人々に与えられるロマンチックな名前です。

彼らの任務は、生活のあらゆる領域にイノベーションを導入する若い組織を支援し支援することです。彼らは自分の資金を投資しており、たとえば株式のブロックなど、ビジネスのかなりのシェアを所有できると期待できることがわかりました。

ここでビジネスエンジェルとは何なのか、何をするのか、どこに資金を投資するのか、どのような資本を所有しているのかを考えてみましょう。

出演履歴

このカテゴリの投資家は、前世紀の 20 年代に初めて言及されました。噂によると、これは新しいプロジェクトを後援し、美術展、演劇、その他の文化イベントを後援する裕福な個人に与えられた名前であるとのことです。この時代の歴史には別の方向性があります。

この名前は、シリコンバレーの有望なプロジェクトに資金を投資した個人投資家に関連して最初に使用されたと考えられています。

このようなビジネスエンジェルに最初に助けられたのは、シリコンから超小型回路を製造するというアイデアを実現する途中で困難な状況に陥ったユージン・クライナーでした。彼は投資家を探すのに多大な労力を費やす必要があり、人生の途中で巨大な経済的つながりと大きな影響力を持つアーサー・クロックに出会ったとき、すでにこのアイデアを諦める準備ができていました。その結果、欠けていた金銭的価値が見つかり、1959 年にフェアチャイルド・ セミコンダクターという会社が設立されました。

投資対象

歴史的に、このタイプのエンジェルは、高い成長の可能性を持つ組織に対する外部資金源として機能してきました。

Business angels
写真: bankrate.com

活動を展開するための十分なリソースが不足する後期段階を克服するためのスタートアップの創出を支援します。彼らは資金を直接投資し、自己資金で運営できます。プロジェクトだけでなく、メインアイデアにも投資できます。これらの専門家のポートフォリオは、量と総量の両方において投資ファンドによって占められています。

古典的な西洋の意味でのビジネスエンジェルの肖像は次のようになります。

  • 大卒の男性
  • 45 歳以上;
  • 管理職の経験がある;
  • 専門知識を継続的に学習する

ビジネスエンジェルを見つける方法を探している場合は、これらの専門家の活動分野をよく知っておく価値があります。

ビジネスエンジェルと一般投資家の違い

あらゆる投資の目標は、かなりの利益を達成することですが、ベンチャー投資活動について言えば、投資資金を失うリスクが高いため、その価値は最大限に高められる必要があります。

投資-倍増し続ける
投資-倍増し続ける
23分で読める

古典的な投資家は、新しいリスクの高いプロジェクトに資金を投入することを常に決定できるわけではありません。彼らは投資を好みます。これは、既成のビジネスプロジェクトから低額ながらも安定した収入が保証されることを意味します。

現代のビジネスエンジェルは、革新的なプロジェクトや初期段階にある企業への投資に努めています。従来、そのようなスペシャリストは、自分が気に入ったプロジェクトをいくつか選択し、彼の観点からより収益性の高いプロジェクトに主に焦点を当てます。通常、彼らは 100% のリスクを負います。

ビジネス エンジェルの種類とそのチャンス

法人

これらは、大企業の経営トップの解任の補償として受け取った資金を使用する個人投資家です。これらのスペシャリストは、投資先の企業において、指導的な地位を期待される傾向があります。彼らは少なくとも 1 つのプロジェクトに参加し、最大 100 万ドルの貯蓄を持っています。

エンジェル起業家

これは、通常最大 500,000 ドルまでの多額の投資に努めるビジネスマンの最も活発なカテゴリーです。原則として、彼らは自ら成功しており、投資ポートフォリオを可能な限り多様化し、ビジネスをより広範囲にする方法を模索しています。彼らは、投資先組織内でいかなる役職も担っていません。

Business angels
写真: avaloq.com

愛好家

前のグループと比較して、このカテゴリのスペシャリストは経験も専門性も低いです。そのような人は、ある程度の年齢を超えると、投資を趣味として考え始めます。彼らは10ドルから数千ドルまでの少額の資金を投資しており、経営プロセスにはほとんど関与していないことが明らかです。

マネージャー

これらの投資家は、自らの投資に対する厳密かつ厳格な管理の実施に貢献しています。彼らは毎日仕事に行くわけではありませんが、組織の理事会に参加しています。伝統的に、彼らは複数の企業に同時に融資を提供することを好み、それらの企業に大きな「比重」を加えます。

ビジネス:どのような種類があり、成功した立ち上げの主なニュアンス
ビジネス:どのような種類があり、成功した立ち上げの主なニュアンス
7分で読める

プロフェッショナル

この場合、投資家は特定のプロファイルの専門家です。これらは、投資家、弁護士、医師、監査人、会計士などです。彼らは、自分の専門的な活動に関連した製品やサービスを提供する企業への投資を好みます。

投資に加えて、こうした投資家は専門家による評価を提供し、活動の分析を支援します。ビジネスエンジェルを見つける場所 – この資料の枠組みの中で読んで見つけてください。

天使と協力するメリットとデメリット

  • こうした人々の主な利点は、銀行の場合ほどリスクを負わずに頼れることです。
  • 従来の商業銀行とは異なり、開発や事業の立ち上げのための資金を提供する用意ができています。
  • もう 1 つの利点は、これらの専門家がアクティビティに参加し、専門レベルのアドバイスを提供できることです。
  • ビジネスのダイナミックな発展に直接関心があるため、あらゆる方向からサポートを提供します。
Business angels
写真: forbes.com

マイナス面について言えば、それも明らかです。ビジネスプロセスにエンジェルが過度に参加すると、意欲的な起業家から創造的なイニシアチブと完全な自由が奪われます。

ビジネス エンジェルが支援したプロジェクト

私たちが今日使用しているものの多くは、この記事で取り上げられている人々の助けがなければ、作成されなかったかもしれません。以下のプロジェクトは、最大手のビジネスエンジェルの投資ポートフォリオに含まれています。

  • アリババ;
  • アプリとは;
  • セントロビット;
  • 怒り。

これは、ビジネス エンジェルが参加したプロジェクトの全リストではありません。この点において、ビジネス市場における彼らの役割は非常に大きいと結論付けることができます。

他の新進起業家を支援することでお金を稼ぐことを学んだ最初の投資家は、約 100 年前に米国に現れました。彼らはまた、最初の IT プロジェクトの開発にも貢献しました。
記事の評価
0.0
0件の評価
この記事を評価する
Editorial team
このトピックについてあなたの意見を書いてください:
avatar
  コメント通知  
通知
コンテンツ それを評価 コメント
共有