酸化防止剤 – 酸化プロセスの阻害剤

5分で読める
酸化防止剤 – 酸化プロセスの阻害剤
写真: Airborne77 | Dreamstime
共有

抗酸化物質は、長い間一般的になってきている用語です。これらの物質は、人間の活動のさまざまな側面 (医療を含む) で使用されているため、それらが何であるか、何のためにあるのか、どのように機能し、どのような結果になるかを理解することが重要です。

抗酸化物質は、抗酸化作用を持つ特定の化合物です。つまり、抗酸化物質は体内の有害物質 (フリーラジカル) に対して作用し、それによって癌細胞と戦うことで老化を遅らせます.

関数

作用機序は、特定の物質の特性に依存します。しかし、抗酸化物質には共通の特徴があります。それらは一連の特定の反応を引き起こします。その本質は、フリーラジカルと相互作用し、それらを不活性な形に変換することです.

後者は徐々に破壊され、追加の酸素が放出されます。この作用メカニズムは、人間が抗酸化物質を必要とする理由を明確に示しています。

種類

抗酸化物質は、天然と合成に分類され、人体自体で合成されたり、外部から入ったりします。

また、酵素活性によっても分類されます。この基準に従って、これらの物質は非酵素性と酵素性に分類されます。後者には、体内でさまざまな反応を引き起こすさまざまなタンパク質が含まれます。

免疫システムは、人が生き残ることを可能にするユニークなメカニズムです
免疫システムは、人が生き残ることを可能にするユニークなメカニズムです
8分で読める
Victoria Mamaeva
Pharmacy Expert

酵素的抗酸化物質のグループには、ビタミン(トコフェロール、アスコルビン酸、カロテン)、フェノール(タンニン、フラボノイド)、リコピンが含まれます。別の分類基準は溶解性です。

酸化防止剤は、親油性と親水性に分けられます。前者は脂質に溶け、後者は水に溶けます。この基準は、特定の化合物の利用可能性、身体への影響の完全性に影響を与えます。

食品中の抗酸化物質

抗酸化物質は、さまざまな食品に含まれています。ブルーベリー、ブラックベリー、クランベリー、サクランボ、プラム、イチゴなどのフルーツとベリーが豊富です。りんごは強力な天然の抗酸化物質です。これらの化合物は、ドライフルーツ、紅茶、コーヒーに含まれています。赤ワインも抗酸化物質です。野菜からは、アーティチョークと豆を優先する価値があります。

Antioxidants
写真: Photka | Dreamstime

抗酸化物質が豊富な食品には、絞りたてのジュースが含まれます。これらの中で、柑橘類、リンゴ、ザクロ、および黒灰から作られた飲み物が最高と考えられています.天然の抗酸化物質は、ナッツやスパイ​​スなどの食品にも含まれています。後者のうち、ウコン、クローブ、サフラン、ローズマリーを優先して選択する必要があります。

抗酸化物質の使用

最も強力な抗酸化物質 (天然および人工) は、活動のさまざまな側面で広く使用されています。それらは、製品の構成、医学、化粧品に不可欠です。

食品産業における酸化防止剤

酸化防止剤が広く使用されている食品業界では、酸化防止剤の用途を知ることが重要です。主な仕事は、製品の貯蔵寿命を延ばすことです。缶詰とは異なり、酸化防止剤の使用は食品の品質にとってより安全です。天然化合物と人工化合物の両方が使用されています。そのような場合に最も人気があるのは、酸化防止剤としてのフェノール、ユビキノン、アスコルビン酸、トコフェロールです。

コエンザイム Q10 – 細胞エネルギーの活性化剤
コエンザイム Q10 – 細胞エネルギーの活性化剤
5分で読める
Victoria Mamaeva
Pharmacy Expert

食品添加物として、これらの化合物はソーセージや魚製品、乳製品、菓子、半製品の製造に広く使用されています。それらは貯蔵寿命を延ばすだけでなく、食品の味も改善します。抗酸化物質は、栄養補助食品、ビタミンの不可欠な部分です。これは、多くのビタミンが対応する活性を持っているという事実によるものであり、これらの製品で広く使用されていることを説明しています – それらは栄養補助食品と医薬品の両方に分類されています.

医学における抗酸化物質

抗酸化物質が何であるかが明らかになった後、それらが医学で必要とされる理由を理解する必要があります.主なルールは、主な治療法への追加としての使用です。抗酸化物質 – ビタミンの生化学は、さまざまな疾患の治療計画におけるそれらの広範な使用を決定します.カロテンとトコフェロールは、フリーラジカルによる破壊から細胞内構造を保護します。

フリーラジカルと抗酸化物質の活動により、科学者は、将来このメカニズムを使用して寿命を大幅に延ばすことができると推測できます。この分野での作業は積極的に行われていますが、これまでのところ、根本的に寿命を延ばす方法は開発されていません。

美容における抗酸化物質

抗酸化物質を多く含む製品には、食品だけでなく化粧品も含まれます。メーカーは、これらの物質の有益な特性を利用して、肌や髪の質を改善し、老化を遅らせます。化粧品の酸化防止剤は、ブドウ、緑茶、イチョウ、ローズマリー、松、栗など、さまざまな植物や果物の抽出物の形で提供されます。

ヒアルロン酸は細胞外マトリックスの主成分
ヒアルロン酸は細胞外マトリックスの主成分
7分で読める
Victoria Mamaeva
Pharmacy Expert

クリーム、美容液、バーム、シャンプー、その他の化粧品に含まれるこれらの化合物は、肌や髪に多くの有益な特性をもたらします。抗酸化物質はフリーラジカルと戦い、それらを酸素と水に分解し、それによって外層を水分で飽和させ、その代謝を改善します.

このメカニズムは、早期老化と闘い、すでに存在する加齢に伴う変化の重症度を軽減するのに役立ちます.

Antioxidants
写真: Alfred Wekelo | Dreamstime

また、抗酸化物質を含むクリームやその他の製品は、皮膚や髪の小さな欠陥を取り除き、栄養を与えるのに役立ちます.これらの物質は細胞の再生を改善し、外側のカバーが弾力性を増し、真皮の血管が強化され、炎症反応の重症度が大幅に低下します。

顔や体の皮膚の酸化防止剤は、太陽放射の有害な影響を防ぐという点でも役立ちます。したがって、それらは天然および人工のなめし用の製品に含まれています。

しわ:なぜ現れるのか、どのように対処するのですか?
しわ:なぜ現れるのか、どのように対処するのですか?
5分で読める
Victoria Mamaeva
Pharmacy Expert

これらすべての事実は、抗酸化物質が化粧品でどのように使用されているかを示しています.美容では、これらの化合物は、ピーリング、メソセラピー、およびその他の手順で使用される特別な準備の一部として使用されます。これは、肌の色を滑らかにして改善し、水分と酸素で肌を飽和させ、老化を防ぎ、小さな化粧品の欠陥をなくすのに役立ちます.

抗酸化物質に関する興味深い事実

  • 緑茶は抗酸化物質です。この飲み物の黒や他の品種には、同様の活性を持つ有益な化合物が含まれていますが、程度は低いです.
  • 水素分子には抗酸化作用もあります。それは私たちの体に含まれているため、とりわけ癌細胞の排除が行われます.
  • 絞りたてのジュースを使用して体を抗酸化物質で飽和させる場合は、沸騰したお湯で希釈する必要があります。最大量は 1 日あたりグラス 1 杯です。消化管の臓器に問題がある場合は、使用を拒否する必要があります。

結論

結論として、酸化防止剤の使用は医師に相談した後にのみ可能であることに注意してください.自己使用は体に害を及ぼす可能性があるため、薬を服用する前に、専門医を訪問し、必要な検査を受ける必要があります (必要な場合)。
記事の評価
0.0
0件の評価
この記事を評価する
Victoria Mamaeva
このトピックについてあなたの意見を書いてください:
avatar
  コメント通知  
通知
Victoria Mamaeva
私の他の記事も読んでください:
コンテンツ それを評価 コメント
共有

編集者の選択

主要なタイプの食行動に関する専門家のレビュー
7分で読める
5.0
(2)
Liana Valeeva
Expert in weight management and eating psychology
顔に氷を当てたほうがいいですか? 寒さが皮膚に及ぼす影響の専門家
7分で読める
5.0
(3)
Natalia Lesnova
Natalia Lesnova
Founder of a natural skincare brand, PhD