不動産に賢明に投資する方法とその価値はあるのか?

7分で読める
不動産に賢明に投資する方法とその価値はあるのか?
写真: keventerrealty.com
共有

不動産には、賃貸を通じて収入を生み出す、または時間の経過とともに価値が増加する土地、建物、構築物が含まれます。これは、株式や暗号通貨と比較してボラティリティが低い、安定した保守的なタイプの投資です。

投資用不動産の種類

不動産投資とは、収入の創出や資本の増加を目的として、土地、建物、構造物に対する権利を取得することです。

この市場セグメントはさまざまな資産を提供しており、それぞれが投資家に独自の特徴と機会をもたらします。

住宅用不動産

アパート、住宅、集合住宅など、居住を目的としたオブジェクトが含まれます。

投資の機会:

  • 賃貸: 不動産を購入して次回賃貸することは、定期的に受動的収入を得ることができる一般的な戦略です。
  • 再販: 不動産の価値の向上または改修後の再販を目的とした投資。

リスク: 財産の管理と維持には時間とリソースが必要です。

収益性の高い物件を選択するには、徹底的な市場分析を行うことが重要です。

商業用不動産

このカテゴリには、オフィス、小売スペース、倉庫、工業用建物が含まれます。

投資の機会:

  • 長期リース: 商業用不動産は長期間リースされることが多く、安定した収入が得られます。
  • インフラ開発: 不動産の開発に投資すると、その価値が大幅に高まる可能性があります。

リスク: 商業用不動産は景気循環の影響を受けやすいです。

購入する前に、場所と市場の可能性を分析することをお勧めします。
金への投資は、資本を増やすための古典的な方法です
金への投資は、資本を増やすための古典的な方法です
14分で読める
Ratmir Belov
Journalist-writer

土地区画

新しい施設の建設に使用できる未開発の土地区画。

投資の機会:

  • 投機: 土地の価値を高めることを期待して土地を購入すること。
  • プロジェクト開発: 土地は住宅または商業プロジェクトの建設に使用できます。

リスク: 土地への投資には、ゾーニングや規制変更の可能性があるため、高いリスクが伴います。

購入前に環境および法的チェックを行うことが重要です。

不動産投資信託 (REIT)

不動産を所有・管理し、その収益を投資家に分配するファンドです。

投資の機会:

  • 分散: REIT は、さまざまな種類の不動産のポートフォリオに投資する機会を提供し、リスクを最小限に抑えます。
  • 流動性: REIT は公開取引されているため、投資への参入や投資からの撤退が容易です。

リスク: 市場の変動は REIT の株価に影響を与える可能性があります。

投資家は、管理費の水準とファンドの負債負担に注意を払う必要があります。

不動産投資のための安全なツール

直接投資

不動産への直接投資には、その後の賃貸または再販のために不動産を購入することが含まれます。この方法は最も伝統的で理解しやすい方法の 1 つであり、不動産の直接所有権を意味します。投資家は、賃貸料の支払いと時間の経過による不動産価値の増加によって収益を上げており、これは安定した収入源であり、市場の成長を活かす機会となります。

Real Estate Investments
写真: thepitchboard.com

不動産選びで重要なのは立地です。ポートフォリオを構築する際、複数の不動産を選択する場合は、よく知っている管轄区域だけでなく、海外の不動産に投資してポートフォリオを多様化することも検討することをお勧めします。

このタスクは、収益性のレベルと最低投資基準値の比率、およびこれらの投資に関連する追加コストをはじめとする多数の要素を評価するために多大な労力を必要とするため、自国への投資よりも複雑です。そして最後に、特定の国における不動産の所有または賃貸に課せられる法的枠組みおよびその他の法的制限の詳細な分析で終わります。

収益性の点では、海外不動産への投資は地理によって大きく異なります。たとえば、ヨーロッパの旧世界の国々では 3.5 ~ 4% の収益が期待されますが、そのような発展途上国では収益が期待できます。たとえば、ドバイ、タイ、インドネシアなどでは、不動産の賃貸利回りの水準は最大 10 ~ 12%、あるいはそれ以上に達する可能性があります。
貴金属:投資の可能性と経済的価値
貴金属:投資の可能性と経済的価値
5分で読める
Ratmir Belov
Journalist-writer

すべての国ではありませんが、多くの場合、外国人は不動産を自分のものとして購入する機会があり、多くの国では外国人が不動産を所有する権利は 25 年、30 年などの長期リースに限定されています。管轄区域に応じて、80 年など、また、そのような契約では、リースを延長する無条件または限定的な権利が規定されている場合があります。

住宅ローン担保証券

住宅ローン担保証券は、不動産の所有権によって担保される債務です。これにより、投資家は不動産自体を管理することなく、利息の形で収入を受け取ることができます。このため、住宅ローン担保証券は、より低いリスクと安定した収入を求める人にとって魅力的な選択肢となっています。

REIT (不動産投資信託)

REIT は、投資家に不動産を直接購入せずに不動産所有権に参加する機会を提供します。これらのファンドは、集合住宅から商業ビル、さらには病院に至るまで、さまざまな種類の不動産に投資します。 REIT への投資は、ファンドの株式が公開市場で取引されるため、ポートフォリオの多様化と良好な流動性を提供します。

不動産に投資する方法

長期所有

長期保有して家賃収入を得るつもりで不動産を購入するのは、実績のある投資方法です。これには、長年にわたり安定した予測可能な収入を生み出す高品質の不動産への投資が含まれます。

Real Estate Investments
写真: eggsinvest.com

反転

反転、つまり物件を改装して改善した後にすぐに再販することは、リスクはより高くなりますが、潜在的により収益性の高い投資方法です。この方法を使用する投資家は、最大の利益を得るために売却するために、改善を通じて不動産の価値を迅速に高めようとします。

クラウドファンディング

クラウドファンディング プラットフォームを使用すると、投資家は自分で多額の投資ができない場合でも、大規模な不動産プロジェクトに投資できます。この手法により、不動産投資へのアクセスが広がり、幅広い層が不動産投資に参加できるようになります。

避けるべき間違いは何ですか

潜在利益の再評価

最もよくある間違いの 1 つは、不動産投資からの潜在的な収益の判断を誤ることです。投資家は、収入を大幅に減少させる可能性がある支出を無視または過小評価することがよくあります。

  • 修理と更新: 物件の状態が良好であるように見えても、隠れた欠陥がある場合や、テナントを惹きつけたり物件の価値を高めるために最新の更新が必要な場合があります。
  • 税金と保険: これらの必須料金は宿泊施設の場所によって異なり、場合によっては大幅に増加する場合があります。
  • 不動産管理: 特に不動産がすぐに手の届くところにない場合、効果的な管理には時間とリソースがかかります。
ヘッジファンド: ヘッジファンドとは何ですか? 投資する価値はありますか?
ヘッジファンド: ヘッジファンドとは何ですか? 投資する価値はありますか?
4分で読める
Ratmir Belov
Journalist-writer

リスクの過小評価

法的および経済的市場の状況を無視すると、深刻な経済的損失につながる可能性があります。

  • 法的制限: 不動産を管理する法律が変更される可能性があり、その場合、追加投資が必要になったり、不動産を本来の目的で使用できなくなったりすることがあります。
  • 経済の不安定: 不況、住宅ローン金利の変更、その他の経済的要因により、不動産の価値と収益性が低下する可能性があります。

多様化の欠如

すべての資本を 1 つのオブジェクトまたは 1 種類の不動産に投資すると、リスクが増大します。

  • 地理的集中: 1 つの地域の不動産に投資すると、その地域の経済的および政治的状況への依存度が高まります。
  • 類似の不動産: さまざまなタイプの不動産(住宅、商業、工業)により、潜在的なリスクを軽減し、より安定した収入を得ることができます。

代替手段

不動産は、ポートフォリオを多様化し、インフレから守るための優れたツールです。ただし、次のような代替案を検討する必要があります。

  • 株式市場: 株式への投資は、資金をすぐに引き出すことができるので魅力的です。ただし、株式のボラティリティが高いということは、より大きなリスクを意味します。
  • 債券: 政府債であろうと社債であろうと、債券はリスクが低く、安定した利息収入をもたらします。債券への投資は利息の支払いを通じて定期的な収入をもたらし、重大なリスクを伴うことなく、予測可能で信頼できる収入源となります。
  • 貴金属: 金やその他の貴金属は、伝統的に、特に経済不安やインフレの時期に資本の安全な避難場所と考えられてきました。それらは長期にわたってお金の購買力を維持するのに役立ちます。このような投資は株式や債券のように毎月の収入をもたらしませんが、ポートフォリオの多様化や金融危機からの保護には不可欠です。
不動産への投資には、慎重な分析と市場の理解が必要です。適切なアプローチをとり、すべてのリスクを考慮すれば、これは有益な投資となります。さまざまな投資手段を比較し、それらが財務目標やリスク選好にどのように適合するかを比較します。
Nikita Shelomentsev
Nikita Shelomentsev
不動産への投資は資本を維持し増加させる効果的な方法だと考えていますか?
avatar
  コメント通知  
通知
コンテンツ コメント
共有

あなたも好きかも

最新記事

不動産投資: 初心者向けのクイック専門ガイド
5分で読める
Danil Sorokovykh
Danil Sorokovykh
CEO of a real estate agency
企業の財務計画: 意味、目標、主な構成要素
8分で読める
Anna Teterleva
PhD in Economics, Financial audit expert
デジタルルピーと国際決済におけるその役割 – 専門家のレビュー
11分で読める
Sofia Glavina
Sofia Glavina
PhD in Economics, RUDN University