仮想アシスタントとは何ですか?その主な機能は何ですか?また、どのような分野で使用されますか?

5分で読める
5.0
(1)
仮想アシスタントとは何ですか?その主な機能は何ですか?また、どのような分野で使用されますか?
写真: entrepreneur.com
共有
おそらくご存知の Siri や Alexa などのインテリジェント仮想アシスタント (IVA) または仮想デジタル アシスタント (VPA) は、人間の機能に近い機能を持つプログラムまたはサービスです。

人間は音声コマンドを使用してそのようなプログラムと対話します。デジタル アシスタントは、ユーザーが他の人と通信するのと同じような会話を行う機能を提供します。

簡単に言えば、仮想アシスタントは、作業時間の調整、スマート ホームの管理、単純なビジネス プロセスの自動化など、特定のタスクを実行するように設計されています。

AI に基づく仮想アシスタントを使用して、作業時間を最適化し、ビジネス プロセスを自動化する方法と、その方法について説明します。このテクノロジーは、業界に関係なく、企業の顧客に利益をもたらすことができます。

仮想アシスタントの可能性

仮想アシスタントは通常、エンド ユーザーに対して次のような単純なタスクを実行します。

  • カレンダーにタスクを追加する
  • ウェブブラウザと同様の情報の提供
  • 照明、カメラ、サーモスタットなどのスマート ホーム デバイスの制御とステータスの確認
  • 電話をかける
  • 会議やイベントの計画
  • テキスト メッセージやメールを作成して自動的に送信する
  • ホテルやレストランを検索する
  • フライトの予約を確認する
  • ポッドキャスト ストリーミング
  • リマインダーを設定する
  • ワークフロー管理、リマインダー
  • タクシーを呼びます
  • オンデマンドで音楽を再生する
  • リクエストに応じて商品を注文する
  • 質問への回答
  • チャットおよび音声サポートのオペレーターとして使用可能

デジタル アシスタントとチャットボット: 違いは何ですか?

チャットボットと仮想アシスタントはどちらも人工知能 (AI) テクノロジーを使用できますが、基本的な動作原理と機能は異なります。

Virtual Assistant
写真: ingestai.io

チャットボットは主に、指定されたスクリプトに基づいて動作します。事前定義されたデータセットとアルゴリズムを使用して、受信したユーザーのクエリを認識し、適切な応答を提供します。

これは、チャットボットがコンテキストを理解して会話を続行する能力が制限され、事前にトレーニングされた内容にのみ制限される可能性があることを意味します。

チャットボット: 人工知能の現在と未来
チャットボット: 人工知能の現在と未来
10分で読める
Editorial team
Editorial team of Pakhotin.org

一方、仮想アシスタントは通常、機械学習や自然言語処理などのより高度な人工知能テクノロジーに基づいています。

ユーザーの行動やリクエストに適応し、会話から意味のある情報を抽出し、コンテキストやこれまでの経験に基づいて適切なアクションを実行し、オンラインにアクセスして質問に対する答えを検索し、航空券の予約などの簡単なコマンドを実行することができます。またはタクシーを注文します。

仮想アシスタントには、日常生活、ビジネス、顧客サービスに非常に役立つ幅広い機能があります。

仮想アシスタントは、より複雑なアルゴリズムを使用して、より効率的でパーソナライズされたユーザー エクスペリエンスを提供するチャットボットのより高度なバージョンと考えることができます。

ビジネスでのアプリケーション

このテクノロジーを企業でどのように使用できるかをいくつかの例で見てみましょう。

カスタマー サービス

デジタル アシスタントは、チャットまたは音声インターフェイスを通じて年中無休のオンライン サポートを提供できます。ユーザーからのよくある質問に答えたり、問題を解決したり、顧客を適切なリソースに誘導したりするためによく使用されます。

ビジネス向けニューラル ネットワーク: AI が企業の業務を自動化し、従業員の KPI を向上させる方法
ビジネス向けニューラル ネットワーク: AI が企業の業務を自動化し、従業員の KPI を向上させる方法
7分で読める
5.0
(2)
Roman Mikhailov
Expert in the implementation of AI technologies

Web サイトの訪問者が人間と見分けがつかないロボットとコミュニケーションできると想像してください。 AI を活用したデジタル アシスタントによって提供される情報は、さまざまなソースから取得され、質問に対する最も包括的な回答を提供します。

たとえば、銀行は仮想アシスタントを使用して、口座残高や送金のリクエストを処理します。

注文の受付と予約プロセスの自動化

仮想アシスタントは、注文や予約を受けるための Web サイト、インスタント メッセンジャー、またはアプリケーションに統合できます。

Virtual Assistant
写真: wired.com

たとえば、レストランは仮想アシスタントを使用して、料理の配達の注文を受け付けたり、テーブルを予約したりできます。

タスクとスケジュールの管理

デジタル アシスタントを使用すると、個人的なタスクをより効果的に管理し、重要なイベント、会議、タスクのリマインダーを設定するなど、従業員の勤務時間の管理を支援できます。

また、変更やユーザーの好みに基づいてスケジュールを自動的に調整することもできます。

調達プロセスと在庫会計の自動化

仮想アシスタントは、在庫管理、商品の必要性の予測、サプライヤーへの発注のプロセスを自動化できます。

社会におけるニューラルネットワーク利用の問題点と倫理的側面
社会におけるニューラルネットワーク利用の問題点と倫理的側面
4分で読める
Ratmir Belov
Journalist-writer

小売業者は仮想アシスタントを使用して倉庫の在庫を管理し、購入プロセスを合理化し、コストを削減し、在庫切れによる損失を防ぐことができます。

パーソナライズされたマーケティングと販売

インテリジェントなチャットボットを Web インターフェイスまたはアプリに統合すると、顧客の好み、購入履歴、行動に基づいてパーソナライズされた推奨事項やオファーを顧客に提供するのに役立ちます。

たとえば、オンライン ストアはアシスタントを使用して、特定の購入者が興味を持ちそうな商品を推奨することができ、これによりコンバージョンと平均チェック額が増加します。

結論

仮想アシスタントは現代社会にますます不可欠な要素になりつつあり、企業の顧客、管理者、従業員の両方が同様のタスクに対処するのに役立ちます。

仮想アシスタントをビジネス プロセスに導入すると、顧客サービスが大幅に向上し、運用プロセスが最適化され、市場での企業の競争力が向上します。

人工知能と機械学習テクノロジーの継続的な開発により、デジタル アシスタント プログラムの機会はさらに大きくなり、ビジネスをサポートし、ユーザーのニーズを満たす上でさらに効果的なツールとなることが期待されています。
記事の評価
5.0
1件の評価
この記事を評価する
Roman Mikhailov
このテクノロジーは他にどこで役立つと思いますか?
avatar
  コメント通知  
通知
Roman Mikhailov
私の他の記事も読んでください:
コンテンツ それを評価 コメント
共有

あなたも好きかも

Character.ai: 概要と使用例
8分で読める
Ratmir Belov
Journalist-writer
インターネットは人類の最大の発明です
9分で読める
2.6
(5)
Editorial team
Editorial team of Pakhotin.org